アメックス・プラチナ「ラウンジ特典」をフル活用して、旅を快適にする。

アメリカンエクスプレス・プラチナカードで付帯する、ラウンジ特典がどれほど旅の楽しみと快適度がアップグレードされるかを調べてみました。

ページコンテンツ

アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション

世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用可能

アメックス・プラチナ会員は、「アメリカン・エキスプレス・グローバル・ラウンジ・コレクション」として、世界130ヶ国、500空港、1,200ヶ所以上のラウンジを利用することができます。
利用条件はラウンジにより異なりますので、都度確認が必要です。

利用できるラウンジのグループは以下のカテゴリーに分かれております。
■センチュリオン・ラウンジ
■インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ
■国内提携空港ラウンジ
■プライオリティ・パス
■デルタ・スカイクラブ
■エスケープ・ラウンジUS
■エアスペース
■プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ
■ルフトハンザ・ラウンジ

プライオリティパスが利用できるだけでも非常に特典の価値は高いのですが、実際それだけですと、普通のプラチナカードや、上級ゴールドカードと変わらないのです。
ですが、さすがアメックス・プラチナ の実力は他とは違い、高価値なプレミアムラウンジを所有していたり、提携をしていて、会員はそれらにアクセスすることができるのです

それぞれのカテゴリー毎のラウンジを紹介します。

アメリカンエクスプレス・センチュリオン・ラウンジ

アメリカ国内に7カ所と、香港に展開しているラウンジです。
後述する「インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ」もアメックス・プラチナ会員以上で利用できますが、センチュリオンラウンジですと、「アメックス・センチュリオン会員」のみがアクセスできるエリアもあり、一線を画したサービスが展開されているようです。

他のラウンジとは一線を画す、フードとアメニティのクオリティ

他のエアラインラウンジや、空港ラウンジと比較して、アルコール類が非常に充実しているのと、フードに関しても、サラダ類をはじめとてもヘルシーメニューが充実している印象を受けます。

ドリンクに関しては棚一面に並ぶウィスキーやリキュールの種類に圧倒されてしまいますし、お酒に合わせるおつまみやチーズも充実していて、お酒で寛ぐ時間を過ごすことができます。

香港のラウンジは、シャワールームのアメニティでロクシタンを利用していて、他のラウンジと比べてもワンランク上のサービスを感じます。

他のラウンジとは異なる静かで落ち着いた雰囲気

こちらも他のカードラウンジや航空会社ラウンジと違った空気感を持っております。
香港のラウンジを使用した際も、それなりに混んでいるのですが、それは皆さんプラチナホルダー以上の方の嗜む場所ですので、騒いだりしません。

落ち着いていて、上品な空気感を感じます。それがラウンジの特徴であり、素敵な一面であると思います。
仕事をしていてもとても捗りますし、ワインを楽しんでいても落ち着いた時間が流れます。

とても開放的な、ホテルのラウンジといったところでしょうか。
そんな空気感がとても好きで、再訪したくなるのです。

アメックス・センチュリオン・ラウンジの一覧

空港名 3レター 州・国
シアトル・タコマ国際空港 SEA WA
サンフランシスコ国際空港 SFO CA
ラスベガス・マッカラン国際空港 LAS NV
ダラス・フォートワース国際空港 DFW TX
ジョージ・ブッシュ・インターコンチネンタル・ヒューストン国際空港 IAH TX
マイアミ国際空港 MIA FL
ラガーディア国際空港 LGA NY
フィラデルフィア国際空港  PHL PA
香港国際空港 HKG 香港

●利用方法
 カード会員本人のプラチナ・カード、当日利用の航空会社の搭乗券、パスポートの呈示。
 同伴者は2名まで無料。

インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジ

アメックスが運営するラウンジです。 一部の空港では航空会社と提携して運営しているところもあるようです。
アメックスらしい、おしゃれな空間のラウンジが多いです。

インターナショナル・アメリカン・エキスプレス・ラウンジの一覧

空港名 3レター 都市名・国
インディラ・ガンジー国際空港 DEL デリー・インド
チャトラパティ・シヴァジー国際空港 BOM ムンバイ・インド
キングスフォード・スミス国際空港 SYD シドニー・オーストラリア
タラマリン・メルボルン国際空港  MEL メルボルン・オーストラリア
エセイサ国際空港 EZE ブエノスアイレス・アルゼンチン
メキシコ・シティ国際空港 MEX メキシコシティ・メキシコ
ヘネラル・マリアノ・エスコベド国際空港 MTY モンテレイ・メキシコ
トルーカ国際空港  TLC トルーカ・メキシコ
グアルーリョス国際空港 GRU サンパウロ・ブラジル
アーランダ空港  ARN ストックホルム・スウェーデン

●利用方法
 カード会員本人のプラチナ・カード、当日利用の航空会社の搭乗券、パスポートの呈示。
 同伴者は少なくとも1名まで無料。

国内提携空港ラウンジ

国内28か所、海外1か所の空港ラウンジを、同伴者も1名まで無料で利用できます。 
他社カード利用の場合は、同伴者は別料金(約1000円ほど)必要になる場合がほとんどですので、ここでもアメックスの強みがあらわれているといえます。

どのラウンジもソフトドリンクはフリーで利用できます。
その他ラウンジによっては、スナック類や早朝の時間帯限定でパンのサービスがあります。

国内提携空港ラウンジの一覧

空港名 ラウンジ名
所在地
主なサービス*
★日本の空港
新千歳空港 スーパーラウンジ
@国内線T 保安検査後
函館空港 A Spring
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジ
羽田空港 Sky Lounge
@T3国際線 出国検査後
POWER LOUNGE NORTH
@T1 保安検査後

パン
(数量限定)
POWER LOUNGE SOUTH
@T1 保安検査後

パン
(数量限定)
POWER LOUNGE CENTRAL
@T1 保安検査前

パン
(数量限定)
POWER LOUNGE NORTH
@T2 保安検査後

パン
(数量限定)
エアポートラウンジ(南)
@T1 保安検査後
POWER LOUNGE CENTRAL
@T1 保安検査前

パン
(数量限定)
シャワー(別料金)
成田国際空港 IASS EXECUTIVE LOUNGE 1
@T1 一般エリア

★缶ビール
1杯無料
IASS EXECUTIVE LOUNGE 2
@T2 一般エリア

★缶ビール
1杯無料
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジらいちょう
中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
@一般エリア

スナック
生ビール
小松空港 スカイラウンジ白山
伊丹空港 ラウンジオーサカ
関西国際空港 比叡
@T1 一般エリア

スナック
六甲
@T1 出国検査後

スナック
アネックス六甲
@T1 出国検査後

スナック
金剛
@T1 出国検査後

スナック
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジ DAISEN
山口宇部空港 ラウンジ きらら
高松空港 ラウンジ 讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ
** シャワー×
スカイラウンジ
徳島空港 ラウンジ ヴォルティス
北九州空港 ラウンジ ひまわり
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
@国内線 一般エリア

★缶ビール
1杯無料
ラウンジTIMEインターナショナル
@国際線 出国検査後
長崎空港 ラウンジ アザレア
大分空港 ラウンジ くにさき
熊本空港 ラウンジ ASO
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
おつまみ
那覇空港 ラウンジ 華~hana~
★海外の空港
ホノルル空港 IASS HAWAII LOUNGE

*  ○はソフトドリンク、
** 松山空港はアメックスの案内ですと、シャワー可能とありますが、現在はシャワーがありません。

●利用方法
 カード会員本人のプラチナ・カード、当日利用の航空会社の搭乗券、パスポートの呈示。
 同伴者は少なくとも1名まで無料

プライオリティパス

世界1,200ヶ所以上のプライオリティ・パス(Priority Pass)の提携ラウンジを利用できます。

飲料、スナック類のみを提供するラウンジから、最近はダイニングエリアも充実し、シャワーも備えるところもあり、非常に快適度が高いラウンジまで提携しております。
世界中をカバーしているという意味でも、非常に付加価値の高い特典です。

ラウンジのロケーションについては、数が多すぎてこちらでは紹介しきれませんので、Priority Passホームページから検索いただければと思います。

プライオリティ・パスは旅行前に発行が必要

また、利用にあたり注意が必要です。

通常のラウンジ特典は、アメックス・プラチナカードの呈示で利用可能ですが、プライオリティ・パス提携ラウンジ利用の場合は、プライオリティ・パス・カードの提示が必要です。

ですので、前もってアメックス・プラチナに紐付けした、会員証を事前に発行する必要があります。
申請は簡単です。
こちらは、HPで申請するか、プラチナコンシェルジェにお願いすることで、手続きをすすめてもらえます。

ゴールド→プラチナへ切り替えた場合も、プリオリティパスの切り替えは必要

また、アメックス・ゴールドからプラチナ へ切り替えた場合も、新たに会員証の発行が必要です。
私の失敗ですが、
気付いたら、プライオリティパスカードが2枚になって、どちらがプラチナ用か分からなくなってしまいます。 私も取り違えてもっていってしまい(ゴールド用で旅行)、途中使えなくなってしまったところをコンシェルジェに助けてもらったことがありました。
プライオリティパス社へ連絡をとっていただき、スマホのアプリでプライオリティパス(プラチナ用)を使えるようにして、ことなきを得たのです。
コンシェルジェの方に本当に感謝しております。

アプリタイプの会員証がオススメ

会員証にはカードタイプのものと、アプリタイプのものがあります。

利用・入室にあたっての使用感としては、アプリの方が起動してすぐに受付用のQRコードが表示できるので、PPカードを探す手間がなく楽であるということ。
アプリはラウンジ検索に加え、その利用するターミナルで提携しているショップの割引等の情報も掲載されているので、トータルの利用のしやすさという意味では、断然アプリの方がオススメです。

●利用方法
 カード会員本人のプライオリティパス・カード、当日利用の航空会社の搭乗券、パスポートの呈示。
 同伴者は1名まで無料

デルタ・スカイクラブ

アメックス・プラチナ会員は、デルタ航空利用時、デルタ航空所有のラウンジ「デルタ・スカイクラブ(Delta Sky Club)」を利用することができます。
アメリカ国内とそれ以外では、成田空港とサンティアゴ(チリ)にあります。

デルタ・スカイクラブ移転

2020年3月の成田空港→羽田空港移転に伴い、成田空港のデルタ・スカイクラブは閉鎖され、羽田空港に移転オープンする見込みです。

どのスカイクラブも超大型ラウンジで、座席も多く用意されておりますが、利用者も多く混雑が見込まれる場合のあります。

以下のロケーションは、デルタ航空の「スカイクラブ」の所在地です。
どのスカイクラブも超大型ラウンジで、座席も多く用意されておりますが、利用者も多く混雑が見込まれる場合もあるようです。

ロサンゼルス国際空港(LAX)は対象外!

下記の一覧に、ロサンゼルス国際空港(LAX)だけ含まれれておりません。
これは、LAXは時間帯により大混雑となっているようのが理由で、前提としてアメックス・プラチナ会員にはLAX・Skyclubは解放していないとのことでした。 
ただ、「時間帯によっては利用可能かもとのことで、現地でご確認ください。」とのことでした。

Delta・Skyclubの一覧

都市・空港 3レター 国・州
★アメリカ合衆国以外のエリア
 成田  NRT 日本
 サンティアゴ SCL チリ
★アメリカ合衆国
 ホノルル HNL HI
 シアトル SEA WA
 ポートランド PDX OR
 サンフランシスコ SFO CA
 サンディエゴ SAN CA
 ソルトレイクシティ SLC UT
 デンバー DEN CO
 フェニックス PHX AZ
 オースティン AUS TX
 ダラス・フォートワース DFW TX
 ニューオリンズ MSY LA
 ミネアポリス MSP MN
 ミルウォーキー MKE WI
 シカゴ ORD IL
 デトロイト DTW MI
 インディアナポリス IND IN
 シンシナティ CVG OH
 ナッシュビル BNA TN
 メンフィス MEM TN
 アトランタ ATL GA
 ジャクソンビル JAX FL
 オーランド MCO FL
 タンパ TPA FL
 ウェストパームビーチ PBI FL
 フォートローダーデール FLL FL
 マイアミ MIA FL
 ローリー・ダーラム RDU NC
 ワシントンDC・レーガンナショナル DCA DC
 フィラデルフィア PHL PA
 ニューアーク EWR NJ
 ニューヨーク・JFケネディ JFK NY
 ニューヨーク・ラガーディア LGA NY
 ボストン BOS MA

●利用方法と条件
 カード会員本人のプラチナ・カード、当日利用のデルタ航空(DL)、ならびにデルタ航空便名のウエストジェット航空(WJ)の搭乗券、パスポートの呈示。
 同伴者規定については、同伴の方あるいは近親者の方(配偶者または内縁者、および21歳未満のお子様)をひとり様$29 にて2名まで。
 それ以上の同伴者をお連れの場合は、1回利用券の購入で利用可。

エスケープ・ラウンジUS

「エスケープ・ラウンジ(Escape Lounges)」は、アメリカ国内とイギリスにてラウンジ運営を行なっております。

「アメックス・グローバル・ラウンジ・コレクション」の拡充で新たに利用可能となり、アメックス・プラチナ会員は、エスケープ・ラウンジを利用できます。

ホームページにメニューが掲載されており、フードドリンクのメニューが充実しているようです。

利用条件の表記としては、アメリカ合衆国内のエスケープ・ラウンジUSとなっておりますが、イギリスのエスケープ・ラウンジはプライオリティパスでの利用が可能です。
実質全てのエスケープラウンジが利用できるようです。

エスケープ・ラウンジUSの一覧

こちらはすべて、アメリカ合衆国内のラウンジです。

都市・空港 3レター
 ブラッドレー国際空港  BDL CT
 ミネアポリス国際空港 MSP MN
 オークランド国際空港(USA)  OAK CA
 リノ・タホ国際空港  RNO NV
 グリーンビル・スパータンバーグ国際空港 GSP SC
 オンタリオ国際空港 ONT CA
 プロビデンス空港  PVD RI
 サクラメント国際空港  SMF CA

●利用方法
 カード会員本人のプラチナ・カード、当日利用の航空会社の搭乗券、パスポートの呈示。
 同伴者は2名まで無料。

エアスペース・ラウンジ

「エアスペース・ラウンジ(Airspace Lounge)」はアメリカ国内、サンディエゴとクリーブランドでラウンジを運営しております。
エスケープラウンジと同じように、アメックス・グローバル・ラウンジ・コレクション」の拡充で新たに利用可能となりました。
利用方法は、プラチナ・カードと当日利用の航空会社の搭乗券、およびパスポートの提示が必要です。

サンディエゴ のラウンジ は日本航空と提携

サンディエゴのラウンジは、日本航空便の提携ラウンジとなっているようです。
ビジネスクラス利用か、JMBサファイア以上のステータスで利用可能です。

アメックス・プラチナ会員は、ラウンジのアクセスで7.0$のデポジットが付与されます。
また近親の家族、または2名までの同伴者は同じく7.0$のデポジットの付与があります。
基本的にコーヒーやスナックなどの軽食を除く、フードメニューやドリンクは別料金となり、デポジット分から差し引かれます。
このシステムはJAL利用時と異なるようですので、注意が必要です。

エアスペース・ラウンジの一覧

都市・空港 3レター
 サンディエゴ国際空港  SAN CA
 クリーブランド・ホプキンス国際空港  CLE OH

●利用方法
 カード会員本人のプラチナ・カード、パスポートなどのIDの呈示。
 同伴者あるいは近親者(配偶者または 21 歳未満の子)は2名まで無料。
 それ以上の同伴は別途利用料金により利用可能。

プラザ・プレミアム・エアポート・ラウンジ

プラザ・プレミアム・ラウンジは香港に本社を置く、ラウンジ運営の会社です。
東アジアや東南アジアを中心に34都市の空港で、ラウンジを運営しております。
プライオリティパスでの利用が可能ですが、アメックス・プラチナカードでの利用も可能です。

フード類が充実しているラウンジが多く、とても人気があり、私も利用する機会が多いです。
一品料理を提供しているラウンジもあり、そのクオリティも高くて、残念な航空会社のビジネスクラスラウンジより、プラザ・プレミアムの方が充実していることもあります。

5月末にヘルシンキのプラザ・プレミアム・ラウンジがオープン、
8月にはセブで追加オープンし、そのラウンジ数はどんどん伸びており、高い人気と実力を誇ります。

日本にも展開して欲しいと願ってしまう、ラウンジグループであります。

ファーストクラス・ラウンジも展開!

そんなプラザ・プレミアムラウンジですが、展開しているラウンジの中に、上級ラウンジである「Plemium Plaza First」というファーストクラスラウンジをオープンしています。

アメックス・プラチナの利用特典からは外れてしまうのが残念ですが、サービスはまさにファーストクラスそのもの!

ダイニンングエリアにてオーダーの一品料理を堪能したり、プレミアムリキュールやシャンパン(一部有料)などが利用できます。
そして、スイーツやプレミアムティーなどをいただいた後に、マッサージまでしていただけるという、有料ラウンジとしては、まさに極上のサービスです。

そんな、Plemium Plaza Firstは、香港とクアラルンプール の2カ所ですが、さらなる展開を期待したいです。

プラザ・プレミアム・ラウンジの一覧

空港名 3レター Plaza
ラウンジ数
うち
First
ラウンジ数
香港
 香港国際空港 HKG 4 1
中国
 北京首都国際空港 PEK 2
 上海浦東国際空港 PVG 4
 上海虹橋国際空港 SHA 2
マカオ
 マカオ国際空港 MCU 1
台湾
 台北/台湾桃園国際空港 TPE 4
ブラジル
 リオデジャネイロ国際空港 GIG 3
カナダ
 エドモントン国際空港 YEG 2
 トロント/ピアソン国際空港 YYZ 6
 バンクーバー国際空港 YVR 4
 ウィニペグ/ジェームス・アームストロング・リチャードソン国際空港 YWG 1
デンマーク
 ヘルシンキ国際空港 HEL 1
イタリア
 ローマ/フィウミチーノ国際空港 FCO 1
イギリス
 ロンドン/ヒースロー空港 LHR 6
オーストラリア
 ブリスベン国際空港 BNE 1
 タラマリン・メルボルン国際空港 MEL 1
 シドニー/キングスフォード・スミス国際空港 SYD 2
カンボジア
 プノンペン国際空港 PNH 1
 シェムリアップ国際空港 REP 1
インドネシア
 ジャカルタ/スカルノ・ハッタ国際空港 CGK 1
マレーシア
 コタキナバル国際空港 BKI 2
 クアラルンプール国際空港 KUL 7 1
 クチン国際空港 KCH 1
 ランカウイ国際空港 BKI 1
 ペナン国際空港 PEN 2
モルディブ
 マレ/ヴェラナ国際空港 MLE 1
フィリピン
 マクタン・セブ国際空港 CEB 2
シンガポール
 シンガポール/チャンギ国際空港 SIN 2
インド
 アフマダーバード国際空港 AMD 2
 デリー/インディラ・ガンディー国際空港 DEL 8
 ハイデラバード/ラジーヴ・ガンディー国際空港 HYD 3
オマーン
 サラーラ国際空港 SLL 1
サウジアラビア
 ダンマーム/キング・ファハド国際空港 DMM 1
 リヤド/キング・ハーリド国際空港 RUH 1
UAE
 アブダビ国際空港 AUH 1

●利用方法
 カード会員本人のプラチナ・カード、当日利用の航空会社の搭乗券、パスポートの呈示。
 同伴者は1名まで無料。

ルフトハンザ・ラウンジ

当日出発のルフトハンザ航空系列(ルフトハンザ航空、スイス航空、オーストラリア航空)の利用で、ルフトハンザ・ビジネスラウンジおよびルフトハンザ・セネターラウンジを利用できます。

アメックス・プラチナの特典で利用で、エコノミークラスの搭乗券の方はビジネスラウンジへ入場可能となり、ビジネスクラスの搭乗券の方はセネターラウンジへと入室条件がアップグレードされるようです。
ルフトハンザ・セネターラウンジは、他社スターアライアンス便ファーストクラス利用か、スターアライアンスゴールド会員、ルフトハンザ上級会員での利用に限られているので、恩恵の高い特典といえます。。

●利用方法
 カード会員本人のプラチナ・カード、当日利用のルフトハンザ航空系列(ルフトハンザ航空、スイス航空、オーストラリア航空)の搭乗券、パスポートの呈示。
同伴者利用規定はラウンジにより異なるので確認が必要です。

ルフトハンザ ・ラウンジの一覧

都市・空港 3レター
 フランクフルト国際空港  FRA ドイツ
 ミュンヘン国際空港  MUC ドイツ

また、利用期限がありますが、廃止にならない限り、延長されているようです。
・ミュンヘン空港(MUC) 第2ターミナル:~2020年3月31日
・フランクフルト空港(FRA) 第1ターミナル:~2020年3月31日

ラウンジ検索サービス

プラチナ会員専用ページ内にラウンジ検索ができるサービスがありますが、3レターコードや空港名で検索結果がうまく表示できないので、使い勝手が良くありません
また、利用できるはずだけど掲載されていないラウンジもあるようです。

アメックス・ラウンジコレクション検索ページ

まとめ

充実しまくりのアメックス・プラチナの特典の中の「ラウンジ特典」をピックアップしました。

他社カード特典でも、ラウンジ特典として、国内ラウンジ利用とプライオリティパスが使えるものが多いです。
これだけでも十分という方もいらっしゃると思います。

さらにそれらを凌駕する多くのラウンジは、特にクオリティが高いラウンジが揃っています。
アメリカ本土にその多くのラウンジが集中している傾向は否めません。
もっと日本を始め、アジア方面にも拡充して欲しい希望はありますが、その価値を存分に享受できるフライトを前にリラックスが深まり、さらなる満足度をあげてくれる特典といえるのではないでしょうか。

アメックス・プラチナ会員の享受できる特典はラウンジだけではありません。
ぜひこちらもチェックしてください。

おすすめの記事